VOD fan TOP

動画配信サービス、多すぎると思いませんか?

家でのんびりしながら映画を見たいとき、気になっているドラマを見逃したとき、懐かしのアニメを見返したくなったとき。

「動画配信サービス(VOD)を使ってみようかな?」

と考えたことのある人は多いはず。

僕も、仕事終わりに映画を見ようと思って動画配信サービス(VOD)を探していたんですが…
似たようなサイトが多すぎて、どこを利用したらいいのかさっぱり

動画配信数が何万本あるかとか、どんなドラマを独占配信しているとか。
各社いろいろと宣伝しているけど、結局どこが一番お得なのか分かりにくいなあ、と感じていました。

そこで当サイト「VOD fan!」では、VODサイト比較の際に重要な3つのポイントに絞って各社のサービスを比較。
特にオススメできるサイトの紹介や、各サービスの評判などを掲載しています。

どの動画配信サービス(VOD)を使うか迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

動画配信サービス(VOD)を徹底比較!

さまざまな動画配信サービス(VOD)に登録して気づいたこととして、自分に合ったサービスを見つけるために比較すべき要素は3つだけ。
それは、「配信動画数」「月額料金」、そして「再生環境の豊富さ」です。

まずは上記三点の総合的な評価をもとにした、僕のオススメランキングをご覧ください。

順位サービス月額料金
(税抜)
配信
動画数
再生機器
対応状況
補足
1U-NEXT1,990円※130,000本~※1,200円相当の
ポイント付き
2933円50,000本~洋画・洋ドラマに強い
3500円120,000本~韓流・華流が充実
4800円~10,000本~アメリカ最大手
独自コンテンツ多数
5888円20,000本~フジのドラマを
見るならココ
6TSUTAYA TV2,417円10,000本~DVDレンタルもついてくる
番外11本95円~390,000本~家にいながら
DVDレンタル
VODと併用が◎
番外2複数プラン有77チャンネルスカパー!番組配信

※スマホ・タブレットをご利用の場合、表は左右にスクロールできますよ!

オススメ動画配信サービス(VOD)をご紹介

さきほどランキングでご紹介した動画配信サービス(VOD)の中でも、とくにオススメのものをピックアップ。

総合的な評価が高いもののうち「配信動画数」「月額料金」「再生環境の豊富さ」の各要素で特筆すべき3サイトをご紹介します。

圧倒的な作品数!U-NEXT

U-NEXT

U-NEXTは、利用料金が一見やや高く、月額1,999円(税抜き)となっています。
しかしPPV(都度払い)動画の視聴や映画館の利用料割引に使える「U-NEXTポイント」毎月1,200円分も貰えるため、実質的な見放題サービスの料金は約800円ほど。

新作の映画やドラマを含めた130,000本以上の作品が揃っており、「動画配信サービス(VOD)はU-NEXTだけで十分」という人もいるほど充実したサイトです。

圧倒的作品数!韓流好きならdTV

dTVはもともとドコモユーザー向けにつくられたサービスですが、現在はスマホキャリアを問わず利用可能
月額料金も月500円(税抜)と安価な上、韓流・華流を中心に配信作品数が多く、極めてコストパフォーマンスに優れたサイトです。

またビデオパスは放送中アニメの見逃し配信が充実しているので、アニメやアニメ映画がお好きな方も登録して損はありませんよ。

対応機器が豊富!洋画・洋ドラマをいつでも見たいならHulu

hulu

CMやSNSで名前を聞くことの多いHuluは、もともとアメリカのテレビ局や映画会社によって共同設立されました。
そのため洋画・洋ドラマの取り扱いが非常に充実している上、近年は日本法人の運営会社が変わった影響で、日テレのドラマやバラエティが続々追加されています。

主要な再生機器にはほぼ対応している上に、全体的な配信動画数も多めで、非常にユーザー人気の高いサイトです。

「3つの要素」について詳しく解説

そもそも、動画配信サービス(VOD)を比較する際になぜ「配信動画数」「月額料金」、そして「再生環境の豊富さ」が大事なのか?
ピンと来ていない方のために、詳しく解説しますね。

配信動画数の多さはなにより大事

そのサイトが、どれだけ多くの動画を配信しているか?というのは、何より注目しておきたいポイント

せっかく、レンタルビデオ店へ行く手間を嫌って動画配信サービス(VOD)に登録したのに、見たい動画が配信されていなければ十分に楽しめませんよね。

U-NEXTのように動画数の多いサイトなら、その中にお目当ての動画がある可能性も高くなりますから、まずは登録動画数の多いサービスから検討していくといいですよ。

ただ、一見配信動画数が多いように見えるサイトも、実は大半の動画が見放題の対象になっていない、というケースがあるので注意してください。
さきほどの表では、PPV(都度払い)動画の数も含めた配信数を紹介していますが、最終的なランキングは需要のある見放題動画がどの程度あるかを重視しています!

安いサイトから始めるのが、VODを楽しむコツ

利用料は安ければ安いほどありがたい!というのは誰でも思うこと。
月額料金の安さも、動画配信サービス(VOD)を選ぶ際にはぜひ重視したい項目です。
dTVのような500円台のサービスなら、晩酌のビールを月2~3本余計に買うくらいの値段で利用できちゃいます。

ちなみに、月額料金が安いことによる隠れたメリットとして、複数サービスをまとめて利用する際にも負担になりにくい、ということが挙げられます。

近ごろの動画配信サービス(VOD)は、動画の独占配信やオリジナルドラマの制作など、各社独自の強みを打ち出しているところがほとんど。
あるサービスに登録して動画をたくさん見るようになると、他サイトの独自コンテンツがどうしても気になってしまう、というケースが非常に多いんです。

月額料金が十分安いサイトに登録していれば、2サイト目、3サイト目に登録する際の負担を大きく減らすことができます。
見たい動画をガマンしない生活のためにも、最初に登録するサイトはなるべく月額料金の安いところがオススメですよ。

再生環境が豊富なら、ますます便利に使えます

動画配信サービス(VOD)は、テレビと違っていつでもどこでも見られて、時間や場所に縛られないのが利点。
幅広い再生環境に対応しているサービスなら、より便利に利用できます。

PS4のようなゲーム機や、Chromecastのような小型機器での再生に対応しているサービスなら、スマホやPCだけでなくご家庭のテレビでも気軽に視聴できるんです。

さらに、近年発売された大型テレビはhuluのような大手の動画配信サービス(VOD)に標準で対応しているので、テレビのチャンネルを変えるのと同じような感覚で利用できますよ。

動画配信サービス(VOD)をうまく使って、エンタメのある毎日を!

ここまでお読みいただき、ありがとうございます!

動画配信サービス(VOD)を比較する際に大事な3つの要素と、各要素で評価の高い3サイトをご紹介いたしました。
あまりにも数が多すぎる動画配信サービス(VOD)を比較・検討する際の一助になれば幸いです。

ただ、これまで動画配信サービス(VOD)に馴染みがなかった方の中には

「自分は毎日頻繁に動画を見るかどうかわからないし…
元がとれるかどうかわからないサービスに毎月お金を払うのは、やっぱりちょっと抵抗があるな…」

こんな風に考えて、登録をためらっている方も多いかもしれません。
そんな方には、さきほどご紹介したU-NEXTを改めてオススメさせて下さい。

U-NEXTに登録すると、動画の見放題サービスのほかに雑誌の読み放題サービスが付いてくるため、毎日映画やドラマを見る習慣のない方でもお得に利用できるんです。
今さほど熱心に動画を見るご予定のない方も、まずは気軽に「雑誌も一緒なら…」くらいの理由で利用してみてはいかがでしょう。

動画配信サービス(VOD)は、一度利用し始めればそれ無しでの生活が考えられなくなるくらい便利で、生活に潤いを与えてくれるもの。
僕も近ごろは、各種サイトでオススメされる動画を見ながら「世の中にはこんなに面白い映画やドラマがあるのか!」と感激してばかりです。

みなさんも↓のリンクからU-NEXTに登録して、エンタメに満ちた毎日を過ごして下さい!